FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに


カステラ焼いてみました

甘い香りに癒されます
スポンサーサイト

再判定

今日は児童相談所で、5年ぶりに、こうたの障害認定の再判定がありました。



5年前に比べて 言葉は爆発的に増え、2語文も話し始め、簡単なコミュニケーションもとれるようになり…

めざましい成長を感じていたので、どんな判定が出るのかな…と思っていました。



事前調査の資料と、今日おこなった知能テストと、その後の聞き取りを合わせて、総合判定を聞きました。


「5年前に比べて、お子さんなりにとても成長した様子が見られました。」

「ただ、実年齢が上がったことを考えて判断すると、障害のランクが変わるほどの変化とまでは言えないということになります。」



…そうか。


…まだそうなんだ。


こんなに成長してるし、なんて思ってたけど、

まだ「最重度」なんだなぁ…。



でも、5年前は「知能検査不可」だったわけで、

それが検査可能になったことは大きな変化だし、

めざましく成長したことは事実なのですよね



具体的に判定されるって、大事なことだなぁ。


客観的にわが子を見る機会はなかなかないから…。



う~~~~~~~~~~ん、複雑っ



長男

長男は 広汎性発達障害。

学力は普通にあるので、
軽度発達障害などと言われる場合も多いけど、
この「軽度」という言葉が 問題をややこしくしている。



何をもって軽度と言うのか、

知的に問題がなければ軽度と言えるのか。



わが家には たまたま
軽度発達障害と重度知的障害児がおりますが、

子育ての大変さは、どちらも同じくらい大変です。



社会的に受け皿が用意されてないのは、知的障害より、むしろ発達障害者のほうだと思います。



軽度と 重度 って、
誰のための基準なのかなー?って思ったりします。




長男は、社会的に理解を得られた環境で過ごした経験が乏しいため、自分に自信を持つことが苦手です。

常に緊張感を持って生きてきてるんだろうな、と思います。

もうすぐ社会に出なきゃならない、その手前で、すでに疲れきっている様子も見える…。


「そのままのあなた」でくつろげる環境があるかどうかは、とても大事なことです。

自分とたたかい、社会と闘わなきゃならない辛さを、
私はどこまで受け止めてあげられているだろうか…。


プロフィール

KANA

Author:KANA
ようこそおいでくださいました♪

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
お友達ブログ♪
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。